Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2014年1月5日日曜日

【セールスの電話が来たら…】名前は絶対教えないように!

車あてちゃってさ、
自宅の電話番号を教えたもんだからさ、
いつもなら自宅の電話なんて無視なのに
今日、積極的に3回くらい取ってみたら
全部セールスだったという…ね。

しかも、最後の電話なんて、
『結婚仲人をしております○○と申します。
ご案内のはがきをお送りしたく思い、お電話をさせていただきました』
とのこと。

「はい、わかりました」で切ろうとしたのに、

『失礼ですが、ご自宅に25歳から58歳までの未婚の方はいらっしゃいますか?』

ほんと失礼…。まぁいいかと思って、

「います。」

と答える。

『ご本人様ですか?』

こう言われたら、そうだと答えるしかない。

「はい。」

『お声すごく若そうなんですが、失礼ですが、ご年齢は20代…30代…』

またまたほんと失礼だわっ!
しかも、『お声すごく若そうなんですが』って、
絶対マニュアル通りの年齢聞き出す業でしょー!

そこから私の口調はめんどくさい口調。

「あーー、30代ですけど。」

30になってまだ一ヶ月なのに、
30代と言わなければならない、この切なさ!

そして、「必要ないので」と断りの一言。
そこからもがんばるセールスのお姉さん。

セールス『読んでいただくだけで結構ですので』

私「分かりました。じゃぁ送ってもらったら見るので。」

セールス『ご住所は、○○市○○の、○○さんでよろしかったですか?』

私「はい、いいです。」

セールス『ご本人様のお名前は?』

※ここが要注意!ここで名前を知らせるとえらいことになる!たぶん。
自分の名前、住所などが「未婚30代女性○○」って、広告代理店とかに出回る。
それで、結婚相談所とかから広告がたくさん来るようになるんだろうなぁ。
最近この手の手法が多い。
電話帳からランダムにかけてくるパターン。
それで家族の名前を入手しようとする。
たまに住所もはっきりと番地まで分からずにかけてくる人もいる。
その時、私は必ずこう言う。

私「そちらが持っている名前と住所で送ってくださればいいので。」

それを言えば、向こうの持っている情報が分かる。

セールス『あの…上のお名前までしかないものですから』

私「じゃぁ必要ないので、送らないでください。失礼します。」

ガシャン。

終了。


その話をお母さんにしたら、
「そんなの最初から、そこまで話聞かなくたって『結構です』って丁寧に断ればいいんだよ。」
とクールに返された。

ですよねー。そうなんですけどねー。
たまにぬけているというか、たまにセールスにはまっちゃうんだよねー。私って。

でも、最後の最後で、「これは怪しい!」って思って、手を引くタイプ。

最初から気づけよっ!

ということで、2014年、変なセールスに引っかからないように気をつけよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿