Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2013年9月21日土曜日

名古屋往復切符・休日に使うと激安!知らなきゃ損!

前回、名古屋往復切符を使ったのは平日で
その時も「安い!」って感動したけど、
休日だったので、さらなる安さ。
感動もんでした。

前の記事「名古屋往復切符のすすめ」に詳しいことは書いたけど、
茶臼山駅から名古屋駅まで

普通に行くと:片道1620円(往復3240円)

名古屋往復切符平日:往復1900円

そして、なんと!なんと!休日の料金は・・

名古屋往復切符休日:往復1600円

安すぎる!!

普通に何も知らないで行ったら
片道1620円だから、往復するより高くなるという・・。

詳しくはこちら。

ほんと、知らなきゃ大損だよね。

「休日」というのは、
土日と祝日も含まれるらしいので、
ちゃんと覚えて使うこと!

途中で切り替えるのはできないかもなので、
最初の切符を買う時点で駅員さんに言うこと!

今回も無人駅から乗ったけど、
今回はなぜか駅員さんが
ちょうど乗り換える時だったらしく
駅に駅員さんがいて駅で買えた。

前回と同じく切符になんか書かれたんだけど、
前回のははっきり「名古屋往復切符申出」って読めたけど、
今回のは・・


一列目の最後がたぶん「切符」なことと、
二行目は「購入申し込み」かな?ってことしか分からない。

一行目の最初はなんて書いてあるんだろ〜。

しかも、揺られた電車の中でもなく
普通にホームで書いているのに
この字、どういうことよ!駅員さん!

でも、たぶんとても若い駅員さんだから許すことにしよう。

駅員さんって、制服着てるから
全然、年齢わからないよね。

でもなぜ分かったのでしょう?

今日の駅員さんも全然年齢分からなくて
もしかしたら30代後半でもおかしくないように見えた。

それは切符を買っていた時・・
駅員さんがお金の計算をしている時、
駅員さんの足の方に毛虫が向かっている・・。

まぁ大丈夫だろうと思って何も言わない私。

駅員さんの靴に毛虫が乗っかりだした・・。

これは、さすがに言おう。

「あの・・、靴に毛虫が・・」

そうしたら、
それをぱっと見て、駅員さん、

即座に足をずらし、

『うっわ!!!!あっぶね!!!!うっわ!!!
いや〜ありがとうございます〜。あっぶね〜。』

反応が・・・若い!!!

たぶん20代前半だろう。

でもその後、ホームにいるおじいちゃんと世間話をしていて
なんだか好感を持てる青年だったな。
うん。

そして、そんなほのぼのしたことを思いながら、前回同様
豊橋の精算所にて「名古屋往復切符」に変更してもらう。

往復1600円。安い。
知らなきゃ損!
みなさん、こいつの存在をお忘れなく!

0 件のコメント:

コメントを投稿