Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2013年7月21日日曜日

#60 ワン・アーティット

日曜日。ワン・アーティット。วันอาทิตย์。

お世話になっている宣教師の先生が家で教会をしているので、
いつも日曜日は家にたくさん人が来ます。

その中の一人の方が持って来てくれた
得体のしれない物。

袋からお皿に出してる時にタイ人に
「ガイ?」(チキン?)って聞いたら
『うん?』という顔をされたので、
「ガイ」の発音が悪かったのかと思って言い直したら
発音が悪かったわけではなく、
「まさかチキンのわけないでしょー!」
っていう顔だったみたい。

『グルーアイ(バナナ)だよ。』
えーっ!
どっからどう見てもチキンなのに。

半信半疑で食べてみた。
そして食べてもこれはバナナだとは信じられない。

味もバナナよりはマフィンみたいな味で、
食感もチキンみたいな食感。
どうしたらこうなるのかが、ただただ謎。

後からネットで調べてみたら出て来た!
この方のブログを見ると「なるほど〜」って感じ。

焼いてから鉄板で潰して更に焼いているらしい。

結構おいしい♪

===
そして今日は教会にスペシャルゲストが来ていたので
みんなで夕飯を一緒に食べに行った。

普通のタイ料理っぽい店なのに、
実は「ステーキ屋さん」ということ。

そこも半信半疑。

メニューにはステーキ以外にタイ料理もある。
ハンバーガーやスパゲッティーなどもある。


でもステーキ屋さんに来たんだから、
ステーキ食べなきゃ!ってことで、
ステーキを注文。

牛は80バーツ、豚か鶏は70バーツ。
どちらにせよ安いけど
タイの牛はそれほどおいしくないらしいので
豚ステーキを初めてトライしてみることに。
210円。
70バーツと聞くと高く感じるけど、
日本円に換算するとなんでも安い・・。

そして来たのはこれ。
じゃじゃんっ!

初ポークステーキ。
お味は・・おいしいーーー♪

家のお姉さんが
「タイの牛はおいしくないけど豚はおいしいんだよ」
って言っていたのは本当だった!

また食べたいくらいのおいしさだった。

でも、ここの常連客産の一番のおすすめは
この「ラートナー」という料理。

食にうるさい横のタイの方も
「今まで食べたラートナーの中で一番おいしい」
と言っていた。

いや、これは絶対また行くしかない。

今回場所の名前メモれなかったから
帰るまでにまた絶対行こう。

どんどんやりたいことリストが増えていくよ。
どうしようね。

===
あっ、ご飯の話ばかりしているので、
今日学んだこともメモ。

今日はタイのHouse Church Networkの代表の方が
いろんなことを教えに来てくれたんだけど、
タイにキリスト教が入ったのは200年前で、
今現在のクリスチャン人口は0.58%らしい。

そして、その0.58%のうちの半分は
山岳民族の方たちらしい。

なぜこんなにもクリスチャンが少ないのか。
それは教会の体制にもあると思うということを
彼は話していた。(タイ人男性)


タイには宣教師がたくさん来ているので
裕福な外国からのサポートを受けて
教会を建てたりして始める所が多い。
そして、教会の形式なども外国の物をマネすることが多い。

でも、実はそれはタイの人たちに合っていないこともある。
タイは観光業でかなりの人が生計を立てているので
日曜日の午前に礼拝に来れない人はたくさんいる。

チェンマイでは約80パーセントの人たちが
観光業に携わっているのではないかという話。
(空港、ホテル、タクシー、飲食店、もろもろ。)

ということは、日曜日に礼拝をしている時点で
約80パーセントの人たちが来られない時間に
礼拝をしていることになる。

日曜日の午前に囚われる必要はない。

また、建物を建てたり借りて教会を始めようとすると
その維持費や電気代などで毎月の出費があり
タイ人は月収が多くないので
外国からのサポートがあるうちはいいが、
外国からのサポートがないと続けられないという状況になる。

だから、最初から
外国からの支援は1バーツもない物だと考えて
自分の家で始めたらいいっていう話。

他にもいろいろ話をしていたけど、
なかなか興味深い話だった。

タイの現状も知れたし、
こういう考え方もあるんだ〜みたいな。
感謝。

===
今日のプチセミナーはタイ語で行われて、
日本語に通訳してもらったんだけど、
その先生は英語もできてたまに英語でも説明してくれた。

でもおもしろかったのは、
その先生に一人ひとり名前を自己紹介した後に
『みんなタイ語できるの?』
って聞かれて、タイの方が
「この二人はタイ語は少ししかできません」
って、私ともう一人の日本人のことを言ったら、
その先生が私だけに
『zum?Do you speak English?』
(ずむは英語しゃべれるの?)
って聞いて来た。

Yesと答えつつ、
「あれ?なんで私だけに聞いたんだろ?」
っていう疑問。

英語も何もしゃべってないし、
二人共に聞くなら分かるけど
なぜ私だけ聞かれた??

もう一人の子は小柄で日本人っぽいから聞かれなかったのか。
体型がアメリカン?
色が黒いから?
なんなんだろ〜。
って一人で疑問に思いつつ時は流れる。

そしたら、食事の時に
『zum! You look more Korean!』
(ずむは日本人というより韓国人に見えるね!)
って言われた。

来たーーー!
よくあるこの展開。

韓国人に見えたから、
韓国人と日本人のハーフくらいに思ったのかな。
それでたぶん「英語できるか?」って聞いてきたのかな。

ほんと、どんだけ韓国人に見えるんだって話です。

「あ〜、よく言われます」って言ったら、

『But it's a good thing. It means you have both Korean beauty and Japanese beauty.』
(でもいいことだよ!韓国のBeautyと日本のBeautyを持ち合わせているってことだから!)

ってうまいこと言ってきた。

さすがトークがうまい人は褒め方も違うわ〜。

そんな、今日も変わらず韓国人なずむでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿