Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2013年6月12日水曜日

#20 日本食ウィーク

今週はなぜか日本食ウィーク。

火曜日はお昼にタイ人の方が家に遊びに来るということで
「Japanese Pizzaを作ろう!」
と言われて、何かと思ったら
お好み焼きでした!笑

タイ人はこれを日本のピザと思っているらしい。
まぁそんな感じっちゃーそんな感じだけど。

完成図

日本のお好み焼き粉使ったので上手にできました♪

よく山芋を入れるとおいしいって言うけど
山芋がなかったので
じゃがいもをすり下ろして入れました。
知らなかったけど
チヂミにじゃがいものすり下ろし入れたりするらしいね?
結構おいしかったです♪

ちゃんと定番の
マヨネーズ・お好み焼きソース・青のり・鰹節
全部つけました♪

タイ人もこれ結構好きみたい◎

一緒にタイ料理も食べたんだけど
これはトムヤムクンに魚が入っているタイプ。

「トムヤムプラー」というらしい。

そしてこちらは左側は豚肉とハーブの炒め物。
右側は「ドンカーカイ」というチキン入り生姜スープ。

右側のドンカーカイ、めっちゃおいしい♪
日本人は好きな人が結構多いらしいです。
トムヤムクンに生姜を入れて少しまろやかにした感じの味。

デザートはパイナップルとバナナ。

庭にバナナの木があるんだけど
タイ人の方がそこから大きな葉を取って来てたから
何をするかと思ったらその葉を切って
パイナップルのお皿に敷いて
おしゃれに飾ってました!

バナナも花と一緒にお皿に盛りつけてるし。
素敵♪

ちなみに庭にはバナナは実ってなくて
これは買って来たバナナ。

===
そして月曜日は日本食料理屋に初めて行きました。
だるま。

天ぷらとかいろいろありました。

私はトンカツ定食にしたんだけど、安い!
100B(300円)
 ↓

300円でトンカツ定食が食べられるなんて
逆にどんな肉を使ってるんだろうって不安になりますが
普通の豚肉で、おいしかったです♪

ボリューム満点。

一緒に行ったマレーシア人の方はちらし寿司にしてました。
150B(450円)。
こちらも安い。

マレーシア人の方はこっちの孤児院で働いているみたいなんだけど
いろいろな話をしてくれて
勉強になりました。

前に何かでも読んだことあるけど
タイの孤児院っていうのはそんなに悪いイメージではなくて
貧乏で何も食べさせられなくて親と一緒に生活するよりも
孤児院に行かせたら食事もさせてくれて
学校にも行かせてくれるから
すごく貧乏な人は子どものために
孤児院に入れることを選ぶみたい。

一時的に預かったりもしてくれるみたいで
お金がないからとりあえずは孤児院に入れて
お金が貯まったらまた引き取るということも可能みたい。

それでも親と離れて暮らすというのは
親にとっても子どもにとっても辛いと思うけど。

でも、そのスタッフの方が言っていたのは、
孤児院の資金援助してくれている人とかが
たまに見に来たりするみたいなんだけど
そうすると初めての人とかは
「あら、こんなにいい暮らししてるのね」
「あら、こんなにいい物食べているのね」
ってなるみたいで、
それが悲しいって言ってました。

そこにいる子どもたちは
何か贅沢をしているわけでもなく
普通の食事をしているだけで
いろんな人の資金援助によって
普通の生活がそこで提供されているんだから
「いい暮らしができてて良かったわ♪」
って一緒に喜んでくれたらいいのに・・
「自分の子どもと同じような生活ができていて良かった」
って喜んでくれたらいいのに・・
って言っていました。

でも自分がもし孤児院を支援している立場で
すごい環境の良い所を見たら
「良かった〜!」
って心から思えるのかなって考えさせられました。

自分が震災後に東北にいた時は
東北で地震があって津波があって
みんなすごい辛い思いをして
最初は本当に何もなくて
いろんな人が支援をしてくれて
だんだんみんなが元気になってきて
仮設住宅でイベントをしたらすごく楽しそうにしてくれるようになって
心から「あ〜良かった」って思えたし
「もっと元気になって欲しい」
「前よりもっと幸せになって欲しい」
って思えたけど、

初めて来る人たちがたまに
「もうこんなに安定した生活できてるんですね」
って感じの時にちょっと悲しくなったりしてたな〜
って思い出しました。

きっとそれと同じ感じなんだろうな。

でも人それぞれに感じる事は様々なのはしょうがないし
「こんなに幸せそうならもう支援しなくていいや」
ってその支援者がなるのならば
それはそれでその方が必要だと思うどこかに支援してくれたらいいし
ありのままを伝えて
それでも「支援したい」と思える人がいたら
それでいいんじゃないかなと考えさせられました。

でもいつでも
自分の幸せだけを考えるのではなくて
周りの人のことを考えて
自分ができることを考えて
生活できたらいいな。

その「周りの人」っていうのが
隣の家の人かもしれないし
友だちかもしれないし
家族かもしれないし
全く知らない会ったこともない遠くの国の人かもしれないし
人それぞれサポートしたいと思う人は違うかもしれないけど
人はひとりじゃ生きていけないから
いつでも誰かを何かしらの形でサポートしていけたら
それって素敵ですよね♪

そして自分がもし何か金銭的に
誰かとか何かの団体を支援することがあったら
あとから「なんでこれに支援したんだろう」とか思わずに
自分が決めたことなんだから
支援するなら喜んで支援したいなと思わされました。

話が日本食からかなりずれましたが
いろんな人の考えを聞くと
とっても勉強になるな〜
っと思ったこの頃。

2 件のコメント:

  1. アメリカのおばちゃん2013年6月13日 5:54

    今日の記事を読んで、支援ということについて考えさせられたよ。

    支援をするというのは大切なことだけど、相手を思う心がもっと大切なんだね。

    シェアしてくれてありがとう♪

    返信削除
    返信
    1. 私はあんまり考えがまとまらないまま書いてたんだけど、おばちゃん、さすが!話うまくまとめてる〜♪いろいろ考えさせられて、考える機会が与えられているということは感謝なことですね。うん。

      削除