Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2013年6月8日土曜日

#16 初運転!

初めてのタイでの運転。

無事守られて帰って来ました♪

でも実際、友だちと交互で運転して、
友だちの方が街中の地理が分かっているからということで
私は高速の長距離担当だったので、
日本で運転してるのと変わらない感じでした。

道も日本と同じ側だし、
遠くに行く場合には誰でも問題なく運転できると思います!

ただ、街中はバイクがたくさん走ってるし
車線変更してくる率がすごいので、
日本で運転が上手な人は良いと思いますが
日本で運転に自信がない人はやめておいた方がいいかも?

友だちは大阪出身で運転もうまい子だったので
すいすい運転してました!

===
チェンマイから田舎への道はこんな感じ。
郊外に出るとこんな感じで標識が出現。


交差点広い〜。

高速道路。

え!?ただの田舎道じゃん。
って思ったそこのあなた。
確かにそうなんです。ただの田舎道。

高速といっても無料だし、
日本の国道みたいな感じかなー。

でも片道二車線ずつあって
真ん中に溝があったり木が生えてたり。

ひたすら真っ直ぐな道もあるから、
アメリカのFree-wayみたいな感覚。

トラックも走ってます。

緑が豊か。

そしてその緑豊かな中に何か金色の物体が。

有名な僧侶の像らしい。
でかい!
写真じゃ伝わらないけど顔がめっちゃリアルでした。

そしてサービスエリアへ。

サービスエリアと言っても市場みたいな感じ。

食べる所。

タイも「おみやげ文化」があるらしく
都会から人が遊びに来るとなると
田舎の人は都会的なおみやげを期待しているらしい。

チェンマイもバンコクに比べたら田舎なのに
さらに田舎に行くということで
都会らしいおみやげということで
先日パンを買い出しに行ったんですが、
タイ人の方はこれをおみやげに買ってました。

これが都会的なのかどうかは謎だけど・・
こんな感じの所に売ってます。

何か聞いたら「キャラメルだよ」と言われて

「へ〜!こっちにもキャラメルあるんだ!
やっぱみんなキャラメルは好きだよな〜」

なんて思ってたら日本人の方に

「日本のキャラメルを想像しない方がいいよ」

と言われました。

そして開けてみると中身は

黒い。なんだろ。

食べてみると
「まぁキャラメルと言われればキャラメルだけど?」
と思いつつ。

キャラメルより柔らかい。
味は黒糖感あり。

で、正体は結局は「餅」らしいです。

「餅」なのに「キャラメル」とか
ほんとややこしいです。

でも日本人でも食べられる味。
結構甘いから一つで十分って私は思ったけど
タイ人は二人でさっきの一袋くらい(20個くらい?)を
ぺろりと食べちゃってました。

このサービスエリアは少し田舎だからなのか
外国人がほとんど来ないからなのか
チェンマイよりも服などがかなり安めで
友だちは北タイの正装の服を買ってました。

こんな感じのが正装。

これは民族衣装っぽい柄だけど
柄はシンプルなのから様々な種類があります。

友だちは180B(540円)で買ってました。
チェンマイだと300B(900円)は絶対にする。

こんなに安いのに、この上の服と
下に巻きスカートを履けばそれが正装なので
それで結婚式にも出られるそうです。

「ずむちゃんも一着買うといいよー」
って薦められたけど、
着る時あるかなー??
とりあえず今回は止めておきました。

===
そして走ること約3時間。

田舎に行くとなんか緑が本当に「みどり!」って感じで
道も整備されていて
日本の自然豊かな田舎を走っているようで
とっても気持ち良かったです。


空綺麗。


ちょっと入ったらジャングルの中みたいになりそう。

こんな感じの道がひたすら続きます。


この写真たちは
道に迷って停まっている時に撮っている写真なので
ご心配なく。

実は車にナビがないので
かなり何回か迷いました。笑

4人のうち1人だけタイ人で、
その方の実家の方に行くってことで
その方が自信満々に「道は私に任せて!」って感じで言ってたんだけど
実際はその方は運転を自分でして言ったことはなかったらしく
何回も電話をしたり、道ばたの人に道を聞くことに。

迷った時も日本人の私たちは地図も何も持ってないし
助けようもなくて、
ただひたすら「こっちに行ってみて」と言われるがままに走りました。

迷ったせいもあり大幅に時間がかかり
途中で昼ご飯休憩をすることに。

こんな感じの食べる所も何もなさそうな所に

一軒のお店を発見。

お母さんと娘が二人でいて、
料理は何があるのかと聞くとメニューもなく
「基本的なタイ料理ならなんでもできるよ」
とのこと。

「なんでも」って言う所がすごいなーって思いつつ
「じゃーパッタイ!」って言ったら
「パッタイはない」って言われました・・。
なんでもあるんじゃなかったのかいー!

そこで私はカオパット(チャーハン)を注文。

お友だちは「牛肉サラダ」を頼んでました。

サラダっていうか牛肉炒めじゃん!
って思いましたが。

しかもこれ頼んだ時
「肉は炒めますか?」
って聞かれたみたい。

「もちろん!」って答えたみたいだけど
生でもあるってことかぁ。恐るべし。

店は完全な吹き抜けだから
外で食べているのと同じ感じで、
テーブルの上には蟻がいるし、
小バエの量がハンパなくて
それを左手でさえぎりながら
右手で食べなきゃいけないし、
チェンマイより南なのでいつもより暑いし
食事を摂ったら元気になるはずが
逆に疲れました。

店の中にめっちゃでかい蜂の巣あるし

店にかかってる垂れ幕みたいのは
むかでが書いてあるし。
むかで崇拝してんのかな。

そして一人50B。
そんなにおいしくもなかったのにチェンマイより高い!

まぁでもたぶん野菜を入手したりするのも
遠くまで行かなきゃいけないし
大変なんだろうね。

私たち以外にもお客さんがいて食材不足になったのか、
バイクで野菜売りに来た人から
臨時で野菜を買っているみたいでした。

田舎で暮らすって大変だな。
しみじみ。

0 件のコメント:

コメントを投稿