Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2013年5月31日金曜日

#8 支援プロジェクト

昨日貧富の差について書きましたが
タイでは旦那さんが牢屋に入ってしまって
女性が一人で子育てをしなきゃいけなかったり
売春をするしか生きる方法がなかったり
っていう方が結構いるみたいです。

そこで、今お世話になっている教会では
女性支援のためのいろんなプロジェクトをやっていて

一つのプロジェクトでは
生活が苦しくてミシンが買えない女性の方に
教会のミシンを貸し出しています。

業務用のミシンで運ぶことはできないので
その方が教会に来てミシンを使うっていう感じなんですが。

その方はモン族という山岳地帯出身の方で
モン族では毎年お正月のために新しい民族衣装を作るらしく
スカートなどにこんなに細かい刺繍をしていくんだそうです。

このように刺繍された布が2メートルくらい(?)あって
これが衣装のスカートの一部になるらしい。

これを作るのに何日かかるのか聞いたら
「他の仕事やらずにこれだけやったら25日だ」
って言ってました。

気が遠くなりそう・・。

しかもそれはスカートのレイヤーの一部であって、
何個もいろんな模様の布を作ってからそれをつなぎ合わせるそうです。

こういう模様もあったり。

こんな淡い色のもあったり。

で、その方は、今は前に記事で書いたSunday Market
毎日夜に行われているNight Bazaarなんかで
刺繍をあまりしていないような
ポーチやカバンを売ったりしているんですが

今後、日本人を対象に何か商品を作りたいと考えていて
いろんな商品のアイディアを出し合ったりしています。

タイ人としてはこの刺繍がびっちりあるのが綺麗という感じらしいですが
「日本人は刺繍がどこかにワンポイントであったりとか
もうちょっとシンプルな方が好まれるかも」
とか
「このラインの部分だけこのデザインの刺繍をしてー」
とか話しています。

と言っても私はタイ語が話せないんで
担当者の方に日本語で横から口挟んでるだけですが。

で、私は聖書用のブックカバーを作ってもらいたいなーっと思って
「今度型を作ってくれるから作って欲しい」
って頼んでおきました。

この女性支援プロジェクトは
自分たちが自立していくための支援なので
お金をあげたり物をあげたりということはしなくて
あくまでもミシンを貸してあげたり
アイディアを出したり
日本人への販売を手伝ったり
ということをしていくみたいです。

こっちがやりすぎちゃっても駄目だし
支援っていうのもなかなか難しいなーって思わされます。

でも、良い作品を作ってもらって
良い物だったら日本でも売れるよ!
っていう風になって
少しでも生活の足しになったらいいなと思っています。

ちなみに今ロックミシンを募集中。
ロックミシンがあればズボンとかも作れるらしく
ズボンの方がバッグとかよりも
Sunday Marketとかで高く売れるみたい。

誰か周りにロックミシンがいらない人がいたりしたら
教えてください♪
日本からの送料はこっちで出します!
(勝手に言ってるけどたぶん大丈夫・・!!)

===
そして今日はアメリカ人の方が家に来ていて
何時間も英語と日本語を行ったり来たり
簡単な通訳とかしていたので
脳が疲れて、ウォーキングがてら
スタバへ一人で行って来ました。

こう見えて一人の時間が必要なタイプ。

デパート併設のスタバだったので
ガラス越しに警備員とかいたけど
お客さんが全然いなくてエアコン効いてて癒やしの空間でした。

しかもこのスタバ、他の所より広い。


しかも「試食です〜」って
てりやきチキンサンドイッチが4分の1くらいになったのを
持って来てくれた♪

おいしかった♪

Please come again!
って言われちゃったし、
これから暑い日の行きつけにしよう。

===
そうそう。また話変わりますが、
今日はアメリカ人と会うことが分かってたから
英語を取り戻すために何か英語を聞こう!
って思って、朝起きて

Hope ChurchのPodcastの中から
日本語・英語Bilingualの物を選んで
「God's promise」ってやつ聴いたんだけど
朝から感動してしまいました。

興味のある方はiTunesもしくはiPhoneのPodcastにて
store内で「Hope Church」と入れたら出てきます。

ゲストスピーカーの場合はバイリンガルみたいなので
英語の勉強にもいいかも!

一日の始まりが素敵だと一日が素敵だよね。

疲れたけどたくさんのNew peopleにも会って
良い一日でした。

明日は初めて家庭教師の先生とタイ語のレッスンがあるんだ。
がんばります!


0 件のコメント:

コメントを投稿