Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

2013年1月22日火曜日

六丁目農園・自然派ビュッフェレストラン

 

前から行きたいと思っていた
に行って来ました!

このレストラン、農家と提携してやってるから
野菜の甘みが半端ないです。

野菜がおいしいからできる
玉ねぎグリル。大根のソテー。
    

私、大根とかそんなに好きじゃないけど
この大根はものすごくおいしかったです。

サラダもたくさん。
野菜スティックとかもあるんだけど
ディップもすべて手作りで
「コーンディップ」をゆでかぼちゃにかけて食べたら
たまらないおいしさでした♪

料金や雰囲気は
野菜ビュッフェのチェーン店ひな野と同じような感じ。

言うならば、ひな野は「和」で
六丁目農園は「洋」って感じです。

洋食が好きな私としては
六丁目農園をおすすめしたいです。

このお店、すごく奥まった所にあるので
知る人ぞ知るって感じの所です。

 なのに口コミで大繁盛しているらしく、
平日のランチでも満席状態。
 平日でもいつでも予約していった方がいいです!
(ちなみに営業はランチのみ。)

このお店のおいしさの秘訣は
一つ一つの料理に手間暇をかけていること。
だそうです。
 ↓

実は、このお店、
障害者雇用をしているお店。

前に「NPO法人を立ち上げるセミナー」
みたいのに出たことがあって、
その時にこのお店のことが紹介されていたので
それで私は知ってました。

雇用形態はこんな感じらしいです。

ホームページの「六丁目農園のこだわり
でも紹介されているように、
店員さんが本当に楽しそうに働いていて
すごく素敵でした。


「NPO法人を立ち上げるセミナー」
でも話されていたけど、
今までは「子どもが障害者」というと、
「隠したい」と思う親が多かったみたい。

でも、最近ではこういった雇用も生まれて、
親が「うちの子ここで働いているのよ」と
自慢できるくらいの店作りを目指している所も増えているみたい。

いい働きだな☆

そしてこのお店は
日本野菜ソムリエ協会認定レストラン
らしいよ。

お値段は以下の通り。

ここには「90分」って書いてあるけど、
平日に行った時には時間制限ないみたいでした♪

しかも、デザートの写真撮るの忘れちゃったけど、
宮城の名物「ずんだ」を使った
「ずんだロール」なんかもあって、
これはチェーン店には置いてない物だな〜
っと感動した次第でありました。

みなさんも是非おいしい野菜を食しに行ってみてください☆


ちなみに「六丁目農園」と書いていますが、
これ、「ろくちょうのめのうえん」と読みます。

「六丁目」っていう地名なんだけど、
地名自体が「ろくちょうのめ」なんだよ。

仙台の人に
「【の】入ってるのおかしいよね?」
って聞くと
「おかしいって思った事なかった〜」
って言われます。

ということで、
ろくちょうのめ・のうえん、
おすすめです♪

ランチ11:30~15:30 (L.O.14:30)
年中無休 (年末年始除く)
ランチ大人1,555円
シニア1,239円
小学生935円
幼児515円(3才以下は無料) 


0 件のコメント:

コメントを投稿